FC2ブログ
函館 本通アカデミー  ANNEX 
スタッフの思い!ワンポイントレッスンなど盛りだくさんのブログを創り上げていきたいのです。当アカデミーの生徒さんも、一般の方々も書き込みお待ちしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

Q&A こんなときなんていうの?

あけましておめでとうございます。
皆さんの年末年始はいかがだったでしょうか?
さて、今回は 「こんなときなんていうの?」からちょっと離れて、
気をつけるべき発音についてお話しましょう。
オーストラリアへ行くことが無い人であれば、あまり話すこともないでしょうが、
もしいく予定であれば、絶対しっておきましょう。

オーストラリアと日本をつなぐ主な航空会社。
カンタス航空。

Qantas airways

これを、発音するときは、 「クワンタス エアウェイズ」 ってなかんじです。
間違っても日本語でよくいう、「カンタス」とは言わないように!
実際に、ネイティブに 
"Which airline did you fly with?"
ときかれ、" I used カンタス エアライン" と応える日本人。
それに対し、顔を赤らめたり、困った顔をしたり、もしくは爆笑するネイティブを
実際に何度も見ています。

理由は・・・。ここでは、ちょっとかけませんが・・・。
頭にだけいれておいていただくと、ありがたいと思います。


スポンサーサイト
【2008/01/08 14:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)

DAVE`s Adventure ~Global Wanderer~

"Hello", said Scraggly, in perfect British accent, smiling even more

widly than before. I had quickly named the two sardhu before me according

to the main difference in their appearance; being their beards. Scraggly

had a short and wispy beard like a very old fur coat that even looked

partialy burned. Despite this, Scraggly seemed the younger of the two whip

thin holy men with clear, intelligent eyes. Bushy, on the other hand, had

rhuemy eyes that seemed to see only into the far future or past, never

the present, and indeed he never uttered a word in all of our short

acquaintence. He did, however, have a great, luxurious beard like a

tremendous candy-floss had been glued to the bottom half of his face,

with strange, little crimson coloured ribbons seemingly tied at random

throughout.


"Hi!" I returned, standing awkwardly in the doorway, "Can I come in?"

"What country?" said Scraggly, ignoring oer not understanding me.

"Australia." I say, shuffling forward slowly, seeing if they were going

to object to my prescence. I thought Scragglies head was going to split

in two his grin became so wide. He pointed a bony, dark finger at the wall

next to the couch.


Hanging there was a bedraggled looking old tea-towel occupying pride of

place next to an Om postcard and Ganesh (the elephant God) in a

picture ripped from a newspaper. The dishcloth was a souvenir from

Sydney with a cartoon picture of the famous Sydney harbour bridge,

opera house, and harbour with pictures of koalas and kangaroos

wind surfing and sipping champagne on yachts in suits.


"You`ve been to Australia?" I asked, guessing that it was more likely

that it was a gift from a previous visitor. I was destined never to know

as this was the last occassion of verbal communication between us.

Bushy shifted his gaze from whatever universe he pondering to stare

fixedly at Hanuman in his shrine. He unfolded his chopstick legs and

shuffled over to the statue, turned to me and looked through me.

I went to him feeling like I had wandered into another magical and

mysterious world.


We both knelt before the statue of Hanuman in poses of respect.

Bushy lit an incense taper from one of the candles and I followed his

action. Quickly the small chamber was filled with the delicious odour

of sandalwood. I closed my eyes and said a brief prayer to whatever

strange powers there may be in the universe; thanking them for

the opportunity to witness such interesting experiences as this.


When Bushy and I returned to the centre of the temple chamber,

Scraggly, with his eternal smile had set up three small clay cups

and poured a measure of steaming chai into each. We sat silently

and sipped; relaxed in the ritual of company, myself enjoying the

mix of sweet and the bite of the spice in this very, very Indian

beverage.


I offered some tobbacco from my pouch and both sardhu gratefully

accepted a handful and proceeded to slowly, methodically roll a

cigarette. We smoked, and sipped chai, and sat quietly and listened

to the tinny Hindu music from the radio. Gradually I seemed to slip

into a light trance and I imagine my eyes must have resembled

Bushies in their dislocation.


When I came back to full awareness, I discovered that none of us

were sitting down any longer. At some point in my trance state

had stood and started a slow shuffling sort of dance that I immediately

understood was telling the intricate action filled story of the monkey

king, Hanuman. Slowly but surely our movements mimiced battle, court,

love scenes, and unearthly drama; our movements resembling jerky,

Hindu dancers, elbows and knees bent and spread, hands open and

moving in smooth circular motions.


Somewhat shocked at my involuntary actions I backed towards the

doorway exiting the temple, bowing thanks and waving my arms

around in weak, confused gestures of thanks and goodbye. My

last view of Scraggly and Bushy was as they continued their

dance/story without me; absorbed in their faith and respect for

their chosen god; Hanuman.


Turning through the beaded curtain and moving out of the temple

I blinked at the late-afternoon sun in my eyes and rubbed my face,

thinking and wondering at what had just happened.

What an experience!! I couldn`t explain how or why, but I had just

participated in an ancient ritual. It was great!


However, with sunset soon coming I had to get down off the

mountain before it became too cold..........

The adventutre is not over yet.... More next week!!

【2007/12/29 12:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

Passionate cultural Exchange Vol 4

Dear, Noriko                                  27.12.07
Thank you for your letter. So, How are you?
Hope you`ve gotten over your illness now.
How was your Christmas? Did you have fun?
Hope you did. As for me, it was great. All of the family gathered on Boxing
Day to celebrate Christmas.
I will talk a little about Australian Christmas here.
Same as Japan, we cook a lot of food.
We put all of the presents under the Christmas tree and open them when everyone
gets together. Everyone waits for the moment, not only kids but also adults.
It is summer here in Australia. So, in my family, we tend to have cold food for
Christmas.
Such as, Ham, fruits, salad, cold seafood ...etc.
We usually eat on the terrace、the flies are so annoying.
Adults enjoy drinking,too.
Guess what? Here in Australia, We are allowed to drive after drinking alcohol.
Of course, it is limited.
You can only drink about one bottle of beer for one hour.
But alcohol works differently for each person; so, we`ve gotta be careful.
Better to not drink, anyway!
We usually prepare a real christmas tree. It smells very beautiful.
This time we`ve got an about 2m tall christmas tree.
Hope you will be here to have Christmas with us next year.

Soon, 2007 will be finished. Was it good year?
How will you spend the New Year in Japan?

Hope to hear from you soon.


love, Beth xxx




        as for ~          ~はというと
        not only A but also B  Aだけじゃなく、Bもまた
        tend to           しがちな、~の傾向にある
        such as           たとえば、





典子へ

手紙ありがとう。で、あなたは元気?
体調よくなっているといいけれど。
クリスマスはどうだった? 楽しかった?
楽しめてるといいわ。 私はというと、そばらしかったわ。
家族みんなが、ボクシングデーに集まって、クリスマスをお祝いしたの。
ここで、ちょっとオーストラリアのクリスマスについてはなすわね。
日本と同じで、たくさんの料理をつくるのよ。
プレゼントはすべてツリーの下において、みんなが集まったときに一緒に
開けるの。子供達だけじゃなく、大人もみんな、この瞬間をまちわびているの。
ここでは、夏だから、我が家では、コールドフードを作りがち。
たとえば、ハム、フルーツ、サラダ、冷たいシーフードなど。
私達は、たいていテラスでたべるの、ハエがとってもうざいけどね。
大人はお酒も楽しむわ。
知ってる? ここ、オーストラリアじゃ、飲酒運転って許されてるの。
もちろん、制限はされてる。
1時間に1本くらいのビールだけだけど。 でも、お酒ってひとそれそれ違うように
はたらくから、気をつけないとね。
結局、飲まないほうがいいのよ。
私達は、たいてい本物のツリーを用意するわ。 本当にいいにおいなの。
今回は約2メートルのツリー。
来年はあなたもここにいて、私達と一緒にクリスマスできたらいいのにね。

もうすぐで、2007年もおわりね。 いい年だった?
ニューイヤーは日本ではどうやて過ごすの?

返事、楽しみにしているわ。


愛を込めて、 ベス
【2007/12/27 17:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

簿記ワンポイントレッスン

レッスンというよりは、「雑談」になるのかもしれません。バランスシートの構造をざっくりと話せば、資産をどう運用しているかということなんです。資産を運用するためには資産を得なければならない。その方法として大きく分けて自力(自己資本)と他力(他人資本)があるのです。自力の場合は株式を購入してもらう。他力の場合は社債等の借り入れを行う。様々かと思いますが、いずれもマーケットの信用が無ければ得ることは出来ません。「コンプライアンス」の重要性が叫ばれて久しいと思いますが、企業が「社会的公器(特に株式会社)」だとしたならば当然のことなのでしょう。これって、「人」にも該当するのではないかな。粋がって一人で生きていこうとする。そんなの不可能であって、一人で生きているようでも、実は多くの人の手を借りている。有縁無縁の人々の助けがあって生活するための資本を得ているのです。それを大いに有益に活用して自身をアップグレードさせたり社会のために還元する。それをするためにもその人への信用が大切なんですね。自分自身への反省もこめて本当にそう思います。昨今、実務を重視するとPLやキャッシュフローが注目をされていますが、学問の目的が真理を追求するものであるならば、その行き先には必ず「人」という視点が無ければならない。HP以外で簿記教室の生徒さん募集をする気持ちは無いのですが、HPを見てくれたなどでお出で下さる生徒さんには、「検定受かってくれればそれでいい」や「技術のみを教える」簿記教室にはしないように接していきたいと思います。
【2007/12/27 12:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

教育?凶育?強育?共育!「こういうことで思うこと」Ver3

「少子化」によって受験地図が大きく変わってきました。入試という側面からのみ考えると、大学の門戸よりも受験生の数が減って、いわゆる「全入時代」に突入したことに疑問を感じるのは僕だけでしょうか?これは単に「教育の機会が平等になった」から、良いことなのでしょうか?マクロ的に考えると国家にとって憂うべき問題とも考えています。?○部○学省のお役人様たちの「大学設置基準」の甘さや「設置認可」のいい加減さには正直昔から呆れています。「一億総学士」にする必要があるのでしょうか?
 実は僕は受験戦争の肯定派なのです。そういう志のある子達には寸暇を惜しんでお手伝いしていきたい気持ちは異常にもっている積もりではいますが、ただ受験産業に参入しようなどという気はさらさらないのです。僕達の教室はトータル的な進路指導を施す教室でありたいと思います。
 熾烈な受験戦争はあって然るべきと考えます。ただし、この国の体制はその受験戦争に参入しない子達へのケアがまるで不十分です。受験に挑むか否かという視点を大切にしないと子供達が可愛そうです。
 何年も前になりますがシンガポールで視察した子供達向けの職業教育施設が忘れられません。あえて受験(学士を目指す)という方向を選択しない子達への教育施設です。ここならば高度なモチベーションを維持させて素晴らしい教育が展開されると思いました。
 その点、日本の多くの専門課程の高校は実に情けない。関係した全○協会の主催する各種検定も情けない。高校における職業教育の衰退を自分達で招いているとしか思えないのです。
 大学も実学を重視する傾向をもう一度見直して欲しいのです。「何の役にも立ちそうも無い」授業が、実は大学生には最も必要な授業であると信じて疑わないのです。
【2007/12/23 11:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

函館 本通アカデミーHPはこちら

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ようこそ 本通アカデミーANNEXへ

syokosyoko

Author:syokosyoko
函館の本通で小さいけれどボリューム満点の教室を運営しています。学習塾に通ってきて下さるお子さん達、英会話レッスンや簿記検定講座にお越し下さる生徒さん達と仲良く充実した勉強をしていきたいと思います。このブログでも教室長やスタッフのデイブ先生、恵美先生と楽しくコミュニケーションしてみませんか。

毎週掲載されるラインナップ。
是非是非コメントや解答をお待ちします。
《月曜日》英会話ワンポイントレッスン 「こんなとき何ていうの?」(EMI先生)
《火曜日》簿記ワンポイントレッスン 「少しずつでも覚えようよ!」(教室長)
《水曜日》ホスピタリティを求めて(教室長)
《木曜日》Passionate Cultural Exchange(EMI先生)
《金曜日》教育?凶育?強育?共育!「こういうことで思う事!」(教室長)
《土曜日》DAVE'S Adventures ~Global wanderer(DAVE先生)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。